信頼性の高さから人気が高まる日本の医療サービス

日本政策投資銀行の報告によると、2020年の段階で医療観光を目的に訪日する中国人は年間31万人に達すると言われています。同時に、「医療ツーリズム」の潜在市場規模は5507億円にもなるのだとか。こうした医療観光の現状を鑑みた際、中国人観光客の受け入れ体制整備・強化への取り組みは待ったなしの状況と言えるでしょう。株式会社ぱどでは、インバウンド・ソリューションによって医療業界で起こりうるさまざまな問題を解決し、医療観光のための環境づくりをサポートしています。

では、医療観光を目的とする訪日中国人が増加している背景には何があるのでしょうか? それぞれの要因を紐解いてみましょう。

日本の医療品質に絶大な信頼感

健康診断ひとつを取っても、日本の医療サービスの品質は大きな評価を受けています。スタッフの心遣いや医師の態度、正確な検査は、外国人にも大きな安心感を与えているようです。また、がん検診の水準は世界トップクラスであり、検査から治療までの体系が整っていることも中国では当たり前ではありません。もちろん、手術の技術力といった面にも高い信頼が寄せられており、「費用はかかっても日本で治療したい」という中国人観光客が増えています。

相対的な費用の低さも人気の理由に

物理的な距離も手伝い、日本での医療観光はアメリカやヨーロッパなどへ行くよりも比較的安価で済みます。この点も、中国人観光客の注目を集めるひとつの理由になっています。また、アメリカや中国国内に比べて、相対的に医療費が安く抑えられるケースも少なくありません。

中産階級コミュニティでの口コミの広がり

中国人の経済力向上により、中産階級層が増えたことも医療観光を後押しする理由となっています。こうした層が日本の医療に満足したという口コミが拡散し、コミュニティ内で日本医療に対するポジティブな印象が広まった結果、「自分も体験してみたい」という心理が働いたことも大きな要因のひとつです。

中国人観光客の受け入れ体制整備・強化のためのポイント

日本医療への注目と人気が高まる中、問題になるのが日本の医療機関における中国人観光客の受け入れ体制です。たとえば、訪日外国人の中にはコミュニケーションに不安を抱えている患者も多く、日本の病院へ足を運ぶことを敬遠しているケースも少なくありません。

そのため、より多くの中国人患者を受け入れるには、翻訳サービスなどを用いた体制整備・強化に努める必要があります。「ぱど」のインバウンド・ソリューションを活用いただければ、豊富なノウハウを駆使し、それぞれの医院に合わせた環境づくりをサポートいたします。中国人観光客の来院増加を図りたいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

提供事例のご紹介